2019年6月28日金曜日

【7月1日~】α-STATION FM KYOTO ×トラックランド コラボうちわ配布します♪

んにちは!
このたび、FM京都 α-STATION とトラックランドがコラボした竹製のオリジナルうちわが完成しました!
このうちわは、京都府八幡市の近畿販売センターで7月1日より配布いたします!

↓★デザインはこちら★
 IMG_1549

また、7月16日には京都の夏の大イベントである祇園祭前祭の宵山祭りにて、こちらのうちわが300本配布される予定です!
18時から配布スタートですが……毎年1時間ほどであっという間に配布終了してしまうそうですのでお早めにどうぞ。


配布は無くなり次第終了となりますので、確実にGetしたい方はお早めに近畿販売センターにご来店くださいね♪

高級感のある竹製うちわを扇ぎながら、祇園祭でにぎわう京都の街中を散策してみてはいかがでしょうか?



配布店舗:近畿販売センター
住  所:京都府八幡市上奈良小端25
営業時間:10:00~18:00


☆祇園祭2019☆
7月1日~京都市内で開催
↓日程や開催場所など詳細は下記京都市観光協会のサイトをご確認下さいね♪


============
株式会社タカネットサービス (トラックランド)
〒220-0012 
神奈川県横浜市西区みなとみらい4-4-2
           横浜ブルーアベニュー
◆TEL:0120-617-417
◆メール:contact@truckland.jp
◆ホームページ:https://truckland.jp/
------------
◆SNS更新中です!
・Facebook→こちら
・instagram→こちら
・LINE@→下記画像をクリック!
LINE小バナー
=============

2019年6月20日木曜日

月刊トラックランド最新第21号発刊しました♪

こんにちは!
月刊トラックランド最新第21号発刊いたしました!!
 vol21

今回のユーザーインタビューは、大阪府堺市で運送業を行っている有限会社まるべり様(P2~)です。

また、今号の生粋のハマっ子税理士による「意外と知られていない税金の話」(P32)は「キャッシュレス決済ポイント還元」がテーマです。ぜひご一読ください。
なお、月刊トラックランドの定期購読も承っておりますので、ぜひお問合せください!
=============
働くクルマの総合サービス トラックランド
(株式会社タカネットサービス)
◆TEL:0120-617-417
◆メール:contact@truckland.jp
◆ホームページ:https://truckland.jp/
------------
◆SNS更新中です!
・Facebook→こちら
・instagram→こちら
・LINE@→下記の画像をクリック
LINE小バナー
=============

2019年6月17日月曜日

訃報

訃報

本日FM京都より発表がありましたが、
「α-MORNING KYOTO」のDJ 佐藤弘樹 氏が、
去る6月3日未明に、ご病気のため永眠されました。
享年62歳でした。 

弊社タカネットサービスは、昨年より、
「α-MORNING KYOTO 」内にて番組CMを流して頂いており、
弊社代表西口がラジオ出演させて頂いた際には、佐藤様とお写真もご一緒させて頂きました。
 IMG_4414-300x225
 (写真左/弊社代表西口、写真右/佐藤氏)

ここに生前のご厚誼を深謝し、謹んでご冥福をお祈り申し上げます。



 株式会社タカネットサービス 一同

2019年6月7日金曜日

梅雨入り宣言!

こんにちは。

6月も早いもので1週間過ぎましたね。本日、気象庁が東海、関東甲信、北陸、東北南部 梅雨入り宣言発表いたしました!

関東甲信は平年より1日早い梅雨入りで、昨年に比べると1日遅かったそう。
九州北部から近畿はまだ梅雨入り宣言されてないのが不思議ですよね。


大雨が降るとついつい車で出かけてしまいますが、冠水している道路には用心しないといけないですよね。

報道番組を見ていると、冠水道路で水しぶきを豪快にあげてそれなりのスピードで走行をしてしまう車をよく目にすると思いますが、それをしてしまうと、吸気口に空気と同時に大量の水が流れ込んでしまい、エンスト起こしてしまう危険が。

また、排気管(マフラー)の浸水でもエンストの危険性があります。冠水道路でブレーキを踏んだり、停止させてしまっても水がマフラーに侵入してしまいエンストするそうなので、万が一冠水道路を走る際はノロノロ運転がよいそうです。

昨年は豪雨災害などが多い年になりましたが、今年も異常気象による100年に1度の豪雨が起こる可能性が高いそうですよ。


急がば回れ。日頃から、防災意識を高く持ち、よく通る近所の道など冠水しやすい所をあらかじめ知り、迂回ルートを考えておけば、きっと、大切な車を長く乗り続けられますね。